「HOUSE DOCTOR」の現場ブログ

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

五常建設 株式会社

代表取締役 長嶺 洋二

社員一同

 

 

みなさん、こんにちは。今年の正月は短いし、まだコロナだし、雪は降るし、特になんも良いことがない長嶺です。

この春で弊社は通算5期を迎え6期目に入るのですが、企業生存率とかなんとかでいうと、創業1年で6割廃業、5年で8割が廃業するそうです。

この5年を振り返ると色々とありましたが、当然、めちゃくちゃしんどいときもあって何度も辞めようと思いましたが、その度に奇跡的にお仕事頂いたり、御縁を頂いたりしてなんとか生きています。

商売やっていれば、騙されることもあるし、良いように利用されることもあるし、決していい話ばっかりじゃありません。

言った言わないではめられた事もあるし、現調した・図面描いた・見積もりした・パース作った・銀行融資OKでた・「さあ!契約です!」ってなったら逃げられてしばらくしたら見たことも聞いたことも無いような業者さんでパースまんまのお家が出来てる事もあるし。

まぁ、この5年間で一番ビビったのは電話で問い合わせがあって、その住所に行ったんですよ。

アパートだったんですけど、結構キレイめな。で、玄関前になんか家紋のようなものが貼ってあるんですね。金属製の高そうなやつ。

玄関から凄まじいオーラが放たれていたんですけど、でもねぇ、問い合わせ来たから。インターホン鳴らすしかないですよね?

したら出てきたのがボブ・サップかアンドレ・ザ・ジャイアントかっていうくらいのでかいスキンヘッドの男の人で、あの人は服着てたのかなぁ…、着てなかったのかなぁ…。服脱いでも服着てるタイプの人だったのかなぁ?一生モノのアーティスティックな派手な服をお着になさっていました。

結果、「お前に用事はない。」「名刺は置いていけ。」って言われて、俺なんかもうめちゃくちゃビビって「はい!すみませんでした!」ってキビキビした動きで名刺渡して帰ってきました。

その時はビビりすぎて、多分私のち○こ無くなってましたね。

その場所は上越市外の海に近い、多分当時新築のアパートだったんですけど、「あれ?おれ知っちゃいけない場所だったんじゃないかな?」とか「このまま日本海に浮かぶのかな?」とか人間、やばいと思うとめちゃくちゃ頭回るんですね。そんなことを考えていました。

ネットでボロクソ叩かれることもあるし。

そんな心が折れそうな時に限って、天からお客様が降りてきてトントンとお仕事決まって、お客様も喜んでくれるし、お仕事もつながったし、「あ!おれまだ生きてる!!」みたいな。そういうことがあるから辞めれないし、辞めたくないと思って頑張ってこれた5年でした。

またこれから10年20年30年とまだ37歳今年38歳、あとできれば30年は自分の代でやりたいと思っています。その間に後進を指導して、会社と理念を継いで行ってもらえれば良いなぁと思っております。

 

さて、毎年恒例の元旦の羽鳥慎一モーニングショーから富士山の初日の出からのおみくじの画像をご紹介します。

まぁ、まずは大吉です。

中吉・吉ときて

羽鳥さんと斎藤さんです。

丑年だから牛乳があって

あー!!丑だけはっきり撮れなかった!!!うっすら吉とかぶってる!!

 

去年の元旦は除雪で家にいなかったので撮れませんでしたが、今年はちゃんと撮れました!

 

最後に昨年末、ギリギリに工事した2点ユニットバス交換工事をご紹介します。

 

こんな感じの結構傷んでいた2点ユニットバスを

まずはぶっ壊して

給湯給水排水を直して

ぱこーんとユニット組んで

入り口開口部周りをおさめて完了です。

12/28㈪解体・給排水直し

12/29㈫ユニット組み立て

12/30㈬開口部周り

なんとか終われてよかったです…。

9月の終わりくらい依頼を受けたのですが、実際に工事掛かれたのが12月の末の末って…。おまたせして本当に申し訳ありませんでした…。

 

2021年も引き続きコロナ禍にあります。

どんな年になるかさっぱりわかりませんが、それでも淡々と目の前のお客様・お仕事と向き合って喜んでもらえるように頑張るしかないなと思っています。

 

本年も何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

追伸

各取引業者様各位

弊社は年賀状というシステムを止めていまして、返信しませんがまたお電話した時にご挨拶させていただきます。

ほんと申し訳ない!勘弁してください。

 

緊急提言

みなさん、こんばんは。年内はあと一回大晦日にブログ更新して終わりだな-って思っていた長嶺ですが、ちょっとコレ、お伝えしておいたほうが良いなと思って更新します。

 

給湯器の故障!これ気をつけてください!!

先日の寒波で2件、給湯器が壊れて交換しています。

メーカーさん、商社さん、年末年始の休業に入ると対応してもらえないので要注意です!

通常の都市ガス20号くらいの給湯器ならば結構在庫持ってたりしてなんとかなると思うのですが、FF式、FE式、灯油式など通常あまり出ないような給湯器は在庫していないので今すぐ直してくれっていうのが出来ません。

エコキュート、電気温水器も最近在庫してない商社さんが多いので大体11時までの発注で翌日発送、翌々日着です。その間、お湯出ません!

かつ今年はコロナの影響なのか休み長いところが多いです。一番長いところで12月26日~1月11日まで休みっていうところもあります。

あまりにも長いから「ちょっと休みすぎなんじゃないの?ふざけてんの?」ってちょっと文句言ったら担当が

「違うんですよ。それくらい休んでも良いくらい仕事がないんです…。」って言ってました。それもまた切ない話だなと…。

うちみたいな小さいところは最低限従業員の給料を確保できればなんとかなりますけど大きい会社さんはそれだけじゃなんともならないですもんね。

そう考えると大手は凄い。何億何十億何百億と売上減っても耐えられる体力あるんですもん。

自分が今、冷静に市場を見渡すと、工事を頼むなら大手企業か私達みたいな極小企業になると思います。

一番大変なのが中堅どころはキツイだろうなぁ。特に新興中堅はキツイと思う。中途半端に借金してモデルハウスだの建築条件付き土地とか仕入れちゃって従業員も増員したようなところは経営手腕問われると思う。

一旦整理して現状に見合った体制にするのか、強気に仕事量を増やして成長路線貫くのか…。

まぁ、弊社は他人との競争からベタ降りしてるのでどうでもいいっちゃどうでも良いんですけど、勝手に俺がハラハラしてるだけです。

話逸れていまいましたが、結論として給湯器を10年以上使用している方!要注意で事前にメンテナンス依頼や見積もりだけでも取っておいたほうが良いです。

弊社調査だと30日発送までしてくれるそうなので29日AM発注までなります。年あけは5日発送スタートなので4日発注からになります。

つまり!!29日の午後に給湯器が壊れた場合、最長で6日の夕方までお湯出ない場合があります。弊社には今16号給湯専用が1台と都市ガス20号オートが1台在庫あるので、年末寒波ひどそうなのでもう4~5台くらい仮入れしようかなぁ。エコキュートだと置き場無いしなぁ。。。みなさん、早め早めの対応をお願い致しますm(__)m

 

 

 

最後にここ数日の写真を少し紹介致します。

こちらは大瀧塗装店さんの倉庫です。中に足場が組んであってそれを

こんな感じでOSBを張って囲いました。

弊社職人のコバちゃんです。

難しい欠き込みがあるような張りもんやらせたらやっぱ上手いです。性格なんだろうな。そういう作業が向いてるんだろうと思います。客観的に身内の贔屓目なしに大したもんだと思います。車、すげー散らかってますけど…。社用車だぞ、壊すなやな

新人のはるちゃんです。はるちゃんなんて読んだこと無いですけど。最初、24歳のパリピのやべーやつなんだろうなと思っていたのですが真面目に一生懸命やっています。飲み込みも早いし、なにより人と打ち解けるのが早い。あのコバちゃんと一日と掛からず打ち解けていたのにはびっくりしました。あの自他共認めるコミュ障のコバちゃんと!大したもんだと思います。

 

これは井戸です。消雪井戸。弊社は井戸工事も受注させて頂いております。

すごく良く消えるとご好評頂いております。

他数件、井戸掘らせて頂いたのでまた消え具合写真におさめて来たいと思います。

 

こちらは先週、18日だったかな?杉ノ原スキー場に工事で伺ったときの写真です。

いや、もう最高!めっちゃ気持ちいい!今回はまだ下の方での作業だったけど野尻湖は見えるし、雪質はパウダーだし、またボードやろうかなーって本気で思いました。もう中古のやっすい板とウェアで良いじゃないですか。メルカリかセカストあたりで買って。ゴンドラ乗って上まで行って景色見るだけでも良いと思えるスキー場です。

 

これは、俺の第二の風呂、ホットランドです。ほとんど誰もいません。昔は朝8:30?くらいからやってたのですが今は10:00になってしまって、オープン直後はほとんど人いません。

で、大体俺が頭洗って体洗って湯船に使ってはぁーってやると人来るんですけど、これはちょっと言わせてほしい。口悪くて申し訳ないかも知れませんが、体洗わない・シャワーしない・かけ湯すらしないでいきなり湯船にバサバサと入ってくるジサがほんとに多いんですよ!!新井人ですよ。ほんとボケジサばっかで!!

新井のボケジサ、雪、ゴンゴンと降ってるのにチャリでウロウロしますからね!!チャリも大概だけどカブ、原チャリのスーパーカブで原信に買い物行きますから!絶対に怒ったほうが良いと思ってるんですけど、下手にクラクション鳴らしてびっくりしてコケられても大変だと思うので、信号待ちで停まったときに降りていって「ゴルルアァァァ!!」ってやったほうが良いのかと思っても「いや、もしかしたら誰かのドライブレコーダーで撮られてて明日のめざましテレビのニュースになってしまうんじゃないだろうか」とか考えちゃって結局ビビって何も言えません。小心者です。

でも本当になんとかしてほしい

・銭湯に体洗わないで入る問題

・雪の日にチャリ乗る問題

・ピーターの雪詰まりエンジン切らずに構って怪我する問題

・明日雪下ろしするよって言ってんのに待てずに勝手に屋根に登って怪我する問題

70代80代ね。元気良すぎるのも考えものだわ

 

以上、私からの緊急提言でした。

 

 

H様邸 リフォーム工事①

H様邸 リフォーム工事①

みなさん、こんばんは。初雪からのドカ雪で体調崩されたり、急な雪かきで腰痛めたりしていませんか??去年、一回も雪構いなんてしなかったので雪の扱い方をイマイチ忘れている長嶺です。

雪ってこんなに重かったでしたっけ??

道路除雪の方も、急に降ったし2年ぶりの除雪だし?なんかちょっと下手じゃないですか??いや!違うんですよ!ディスってるわけじゃないんです。うちの家の前もいつもきれいに掻いてくれるのにシーズン一発目だったせいかめっちゃ圧雪残ってて、たまたま2tダンプで帰ってきたんです。

2tダンプって後輪駆動なんですよ。ほんの家の前敷地内まで3メートルのところで亀になりまして…。すげー恥ずかしい目に合いました。

なんとかバックと前進を繰り返して振り子の原理で山を乗り越えてなんとか敷地内まで突っ込んだんですけど、次の日家を出るときも案の定、亀になりました。

今までそんなことなくて、めちゃくちゃキレイにかいてくれるし、なんなら敷地の雪もちょっと持っていってくれて家の前にドンゴロなんて置いていかれたことなかったです。

多分、オペさん変わったんだろうなぁ。あのいつものオペさん歳だったもんなぁ。多分。

いつもなら深夜2時~3時に来るのに3時過ぎに来て5時前までピーピーピーピー言わせて進んでみたり下がって見たりしてたから、あれは完全に不慣れな人だね。間違いない。

でも誰もが最初はそうなんだから。最初からバシっと決められる人なんていないんだから。叱られて、恥かいて、何回も繰り返して一流になるんだから。今は見守りましょう。(注:長嶺の個人的な見解です)

あと、みなさん、本当にコロナ・インフルエンザ・胃腸炎等各種ウイルス性疾患、ウイルス感染症に気をつけてください。

事態はこの春の緊急事態宣言時より悪くなっているので、自衛が大事です。自分を守ることが結果周りの人を守るので、手洗いうがいマスク着用の徹底。栄養バランスの整った食事。良質な睡眠の確保。自己免疫力向上の徹底でお願い致します。

 

さて、この程着手させて頂いたリフォーム工事をご紹介したいと思います。

 

ざっくりこんな感じのお家をリフォームします!

 

オーシャンビューで天気さえ良ければ最高のロケーションです。

今回のリフォーム計画もこの景色に重点を置いたものになっております。

 

 

で、意気揚々とぶっ壊し始めたところ・・・

 

 

 

はいー、雨漏れによる柱の腐食がありましたー!!

 

 

こちらも雨漏れ+シロアリです

 

まぐさまでしっかり溶けてなくなっています!

 

 

 

私の悪いところなんです。自覚しています。決して褒められたものでは無いのですが…

 

 

 

こういうのはめっちゃワクワクしますね!笑

 

やっぱこれくらいの問題なら無いと逆に寂しい。

今回もスケルトンリフォームの計画なので怖いもの無しです。だいたいのことは織り込み済みなので、これがしっかりキレイに直るって言うのは作っている私達もすごく気持ちいいです。

ビフォー・アフターの本当の意味の最初から最後まで見れるのは、私だけだと思うのでそれがこの仕事をしていてすごく楽しいところです。

 

みなさんにもおすそ分けできるようにちょこちょこ追っかけてアップしたいと思います!

空き家に関して

みなさん、こんにちは。

もう12月になってしまいました…。「今年はコロナウイルスでサンタさんは来れないんだよ、残念だね」って子供に言い聞かせている長嶺です。

一番下の子はまだ小学校2年生なので「えー!うそー!やだー!」と子供らしい反応してくれて嬉しいのですが、上の子が小学校6年生、真ん中が4年生なので、もういい加減相手にしてもらえなくなってきて、「そんなん親の都合じゃん…。」って切り捨てられました…。もうスレてる…。

そんな言い方あります?この間も、上の子とSwitchで世界の遊び大全51ってゲームでトイベースボールを一緒にやろうって言うからやって、俺、ボコスカ打ちまくってボコボコにしてやったら怒り出して、「なんだよ、忖度しなきゃダメか」と思って手を抜いたら「手抜くな真面目にやれ」って言って真面目にやってまたボコボコにしたら今度は泣いて怒り出す。もう難しい!小学校6年生は難しい!!

ここから女の子ってずっと難しいんでしょ??宿題見てやって間違ってるところ指摘したら「わかってるよ!」って言って怒るんですよ。

「いやいやいや、わかってねーから間違えるんだろ。分かってるんなら最初から正解書けよ。」って思っちゃうんですけど、言うと怒るから「ああそう?じゃあ、直しとけよー」としか言えないですもんね。何が正解かわからない。正解の無い問答をしているようです。。。

 

 

 

さて、今回は2021年。来年の話なので鬼が笑うかも知れませんが、来年は空き家対策に力を入れようと思っていまして、年々空き家が増えていっています。

中には本当に放置を続けていて、廃墟の様になって特定空き家に指定されそうになって通知が来てから動き出す方がいらっしゃって結構何もかもが手遅れになっているケースがちらほら見受けられます。

弊社に直接お問い合わせいただくこともあれば、不動産屋さん経由でご相談いただくケースもあって、もう何するにもお金がかかる、ご本人様も何がしたいのか、何が正解か分からなくなっていて迷路の最深部にいる状態でポンって私に丸投げされることがあります。

それでまだ、立ち止まって一つずつ解きほぐして、一緒にゴールまでの道を探り探り辿って行ける方なら、どれだけ時間が掛かろうとも寄り添って行けるのですが、稀に、極稀に、ご自身でも何がしたいのか何が何なのか分からなくなっているのに立ち止まらずひたすら動く方もいらっしゃるんです。どんどんどんどん自ら深みに向かって突き進むんです。

例えば、二者択一の選択の連続だとします。AとBの選択。どちらかが正解でどちらかが不正解だとするとずっと不正解の選択肢を選び続けて最後の方はどちらを選んでも不正解みたいな状態に陥ってしまうみたいな。

そうなると手を引くことは不可能でもう見守るしかできません。

これは私の経験上の話ですが、そういう方の特徴は「複数(多数)の人に相談する」です。「得た情報の判断が出来ない」「決断が出来ない」って言うのもあります。

人によって言うことがまるで違います。ある人は右が良い・ある人は左が良い、180度違うことを言う場合もあれば、350度くらい違ったりすると「あれ?一周回っておんなじこと言ってるのかな?いや、なんかちょっと違わないか?え?これ、なんの話だっけ??」みたいにパニックに陥ってる間にどんどん時間が過ぎ去り最初は15度くらいの違いだったのに時間が経つにつれ差が広がって来て最終的に全然違うところに着地したとか

こうしたほうが良いとか、誰にとっての『良い』なのかの判断も大事です。中には情報提供者側に都合の『良い』情報を与えて誘導する人もいます。

すべての条件が揃っているのに決断が出来ずに時間が経過してしまって、時期を逸してしまう方もいらっしゃいます。

 

 

そこで!

 

 

 

私からのご提案として、総合判断はいかがでしょうか!ということでチラシを作成していただきました!

 

 

 

 

空き家対策として弊社は4つの提案をします。

・リフォームをして付加価値を付けて売却・賃貸

・現状のまま売却・賃貸

・現状維持管理

・解体更地(にして売却・賃貸含む)

このどれかに当てはめてワンストップでご案内できるように不動産業の免許も取りました。

といってもこれもあくまで弊社に都合のいい4つの提案なので、セカンドオピニオンまでは良いと思います。

昨今はお医者さんもセカンドオピニオンを推奨していたりもしますからね。

それが一番良いのではないかなと思っております。

 

詳細はお問い合わせいただければと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

Y様邸 外構工事

Y様邸 外構工事

みなさん、こんにちは。

先日、寝方が悪かったみたいで腰が痛いのに無理して現場作業して、脚立を利用してのけぞって腰伸ばせば治るかなと思ったら逆にグキっ!って言って悶絶した長嶺です。

立てず歩けず座れずで脊椎動物の最大の弱点を突かれました。思いました、進化の歴史の中でなぜ腰という弱点を克服していかなかったのだろうと…。

 

痛みで悶絶している最中、空を見上げるとなんと美しいのだろうと…。

広く高く美しい空を優雅に飛んでいる鳥を見て、次生まれてくるのなら鳥になりたいと思いました。。。

 

そして、ネットで検索して電話して最短で診てくれるお医者さんを探して行ってきました。

 

 

そしたら

 

 

なんと

 

 

驚愕の!!

 

 

 

 

 

どうやら老化らしいです…。

背骨と腰椎の間の軟骨が少なくなってきていて、そういうのは老化現象らしいです。。。

そういえば、ここのところ四十肩で腕の可動域もすくなってきています。

「老い」が始まっているんですね…。受け入れましょう。人は老いるものだと。

 

 

 

さて、最近取り掛かっていた外構工事をご紹介いたします。

 

 

 

こういう感じのブロック塀でした。

最初、大谷石積みかな?と思っていたのですが、120×190×590のブロックでした。

だいぶ傾いてきていて、笠木ブロックは何箇所か取れかかっていました。

小学生や中学生の子が近所にいっぱいいるので、もし倒れたら大変だとのことでブロック塀の撤去の相談がスタートでした。

 

内部はこんな感じで庭木があって石もゴロゴロとしていました。

ブロック塀を撤去するのにバックホウを入れるのでそれなら庭も構いたいということで、お庭もきれいにすることになりました。

 

それが

 

 

ざっくりこんな感じになりました!

工事中の写真がですね…

私がバックホウ乗っていたもんで…

ムキになってやっていたもんだから

撮り忘れました!!!必死にやってたんでそれどこではなかったです。

擁壁の上にブロックが積んであったのですが、鉄筋が無いんです。

ブロック同士には縦筋も横筋も入っていました。と言っても丸鋼でブロックが600だったせいかピッチがすごく飛んでるような気がしましたが…。

本来せめて、擁壁にアンカー筋かなんか打ってやってブロックと結んでやれば良いんだと思うんですけど、擁壁の上にポンって置いてあるだけだったので、そりゃこの距離・高さならかしがるよねって思いました。昔の人は、結構怖いことします。イケイケの人多いですもんね。今のおじいちゃん連中が現役のときにやった工事ですもん…。「んなもんいいんだわ!さっさとやれ!」とか「ツバつけときゃ良いんだわ!!」とかって言ってた人たちですもんね。俺が高卒くらいのときの50代60代くらいの職人の人ほんと信用してないです。今から思えば自分が居たK林T建設っていい会社だったんだなと本当に思います。そのときにいた人たち、みなさん各社散り散りになっても第一線で活躍してますもん。

ハウスドクターも当時の事業名を誰も使ってないからってパクったのが始まりです。足向けて寝れません。

 

その他ちょっとした写真は撮ってあるのでそれもあげます。

これは雨水配管です。

こちらのお庭は何回かリフォームしているみたいで、どうやら池があったっぽいんです。

で、雨水はその池に流して、その池の水は排水溝に流していたようなんですけど、その池を埋めちゃったので雨水の行き場がなくてその池だった場所だけ沼のようになってしまい、何度バックホウを埋めそうになったかわかりません。

石もでかくてねぇ…。見えている部分がすべてじゃないって再認識しました。氷山の一角とはほんと上手いこと言いますね。

 

我社は結構いろんなことやらせて頂いていますので、なにかお困りのことがありましたらご相談くださいませ。