「HOUSE DOCTOR」の現場ブログ

近況報告 2021.09

近況報告 2021.09

みなさん、こんばんは。

やっと工事が終わってきて少しづつ身動き取れるようになってきた長嶺です。

この場を借りて、本当に言いたいです。

まじ!何も入ってこないですよ!本当に!

この間、工事中のお客様に「なんでこんなに工事遅れているんだ!他の会社に聞いたらこんなに入ってこないなんて事無いって言ってたぞ!」って

バチバチに叱られまして…。

それは…、俺も…わかりません!!俺だって知りたいですよ…。としか言えなくて…。

他社さんですんなり物が入ってすんなり工事が終わるのならば、それはそれで他社さんでお願いされた方が良いと思います。

と思ってここのところずーっとお見積りは何件かさせていただきましたが、事情を説明してお断りしたり延期したりしていました。

それもやっと8月末、9月頭と立て続けに3件お引渡し出来て、やっと…本当にやっと4月着工とか5月着工の工事が終わりました。

通常であれば実働20日間とか30日間で終わる工事に暦で3ヶ月、4ヶ月掛かりました…。

弊社は遅延損害金システムがあるので遅延分は工事金額より差し引いたり、家賃保証したりなどします。きつかったなぁ…。

でもお引渡し出来てよかったです。ホッとしました。

9月に入って物の流れは良くなってきたのですが、めちゃくちゃ高いです。

例えば野縁 赤松 KD 30×40×4000(3950)とかって言うか材木あるんですけど、前はAグレードで1本340円とか380円くらいだったんですが今、1本750円超えてきますからね。倍です。倍。

そもそも赤松・米松が無いから結局高上がりになってるんです。その値段でも入ってくるかどうかもわかりません。

で、みんな杉の野縁だとか、Bグレードだとか、KDではなくGRだとか、中にはLVLの野縁を使っているっていう話も聞きました。

杉は締まらないし、Bグレードは反り曲がり節割れ寸法精度が悪いからできるだけ使いたくないし、ビス打って水出てくるような材木使いたくなし、LVLの小割材なんて俺は使わないし。

簡単な間仕切りはLGSで良いと思うんですけど、なかなかそんな工事は弊社に来ないし、ってやってたら9月になっていました…。

これから物の流れも良くなってきて、価格も安定して平常化していくと思います。

ハウスメーカーが動き出しだしたのでこの流れが一巡すれば、次は私達の番だと思うんです。

 

さて、ここのところの写真を見ながら振り返ってみようと思います。

 

これはねこちゃんです。

現場の近くのお寺さん?のカーポートの下でお昼寝していました。すげーかわいかったです。猫飼いたい、けど家にほとんどいないから飼えない。。。

これは8月の終わり頃、仕事ばっかしてて子供をどこにも連れて行ってあげてなかったので、現場に連れて行ってその道中、海を見たときの写真です。

真ん中に写ってるのが、末っ子のめいちゃんです。小学校3年生。

まー、言うこと聞かないんです。宿題はしねーってがな、朝は起きてこねーってがな、あーもーまじ、てめー!コノヤロー!って思うんですけど、その都度、「自分が子供の頃ってどうだったんだろう…?」って思い返すと、たしかに俺も宿題はしなかった!俺は本当にやらなくて先生が諦めるレベルだったから、もっと酷いですね。

でも、朝は逆に誰よりも早く起きてきてた。昔、朝にアニメやってましたよね?ベルサイユのばらとか聖闘士星矢とかの再放送。それ見てましたね。5時っちゃ起きてたと思います。

 

これは、某社のトイレが水漏れしてるって言って直しに行ったやつです。

このタンク一体型のトイレって難しいんですよ。

この黒いパッキンが生命線なんですけど、ちゃんとうまくハマってるかどうかほんとわかんないんですよ。

こんな感じかなぁ?ってやると水流すたびにそこから水が漏れてくるんです。

これはこの会社さんだけでなくて、至る会社さんで起きてて、なぜか私が直しに行くっていうパターンが結構あります。

メーカーと品名言わないですけど、これはメーカーが悪いと思う。設置説明書見るとぐらつきの無いようにって書いてあるんですけどそもそもバチン!ってはめるアタッチメント?みたいなパーツがあるんですがそれがグラグラするんです。

どんだけキンキンにナット締めてもそこでグラグラするし、ボルトもナットもプラスチック製なので、キンキンにやりすぎると折れますし。これは私の方からメーカーに文句言っておきます。俺みたいな小物の意見、聞いてもらえないでしょうけど!

 

これは解体工事の一幕です。

この解体工事は思い出深いです。

人生っていろいろあるんだなぁって言うのをしみじみ思ったし、なんつったら良いんですかね…。どう生きてどう死にたいかとか、自分はどうなりたいのかとか哲学的なことを考えさせていただきました。

そんなに時にちょうどこんな動画を見まして…

 

くわまんTV

「我が天命を知り

我が使命を自覚し

他がために生きる」

良い銘ですよね。

1.「見栄をはらない」

2.「嘘をつかない」

3.「下を向かない」

4.「絶対に諦めない」

おれ、この「絶対に諦めない」っていうシーンで不覚にもボロ泣きしました。

ここ数ヶ月で涙したっちゃ、この動画と週刊少年ジャンプの僕のヒーローアカデミアだけっすね。ヒロアカなんてここ数ヶ月、毎週ボロ泣きですね。

いい勉強になりました。

 

これは5月から工事させて頂いたお客様です。

こちらのお客様は本当にいい人で、遅れますっていう話をしても「こんなご時世だから、いろいろ大変だと思います。ちゃんとやってくれれば大丈夫ですよ」って言ってくれて、「はぁぁ!ありがとうございますっ!!」って言う気持ち分かります?仏ですよ。ブッダ。弥勒菩薩。本当にありがたかったです。やっと8月の終わり頃引き渡せました。

本当に申し訳なかったです。ありがとうございました。

 

これは某アパートの框を傷つけたって言って補修してきたやつです。

木目とか石目とか3色以上使ってる補修は出来ないですけど、1色とか2色の補修ならできます。結構わからなくなるレベルに出来ますのでアパートのオーナー様、よかったらお問い合わせください。

アパートに関する大体のことできるのでよかったら是非。

 

今年は夏と言っても本当に暑かったのは1週間くらいだったんじゃないでしょうか…。

盆からは雨が続いてあっという間に残暑無く秋になってしまいました。

この様子だと海水温も大して上がってないので冬はまた大雪になりそうな雰囲気です。

ついこの間、大雪でてんやわんやしてたと思ったらもう夏が過ぎて秋~冬に向かっています。

冬支度は早くて困ること無いので今から大雪対策しましょう!

よろしくお願いいたします。

 

 

ご無沙汰しております。。。

ご無沙汰しております。。。

みなさん、こんにちは。HOUSE DOCTORの長嶺です。

結局7月も1回の更新…。

尋常じゃない忙しさです。

すげー忙しいんですが、売上的には例年の半分ですね。

去年が一昨年の半分でした。今年も感覚的には去年並みか去年よりちょっと多いかな?くらいで仕事量はさほど多くはないんですが忙しい原因が

流れが悪いんです。

物の流れ

人の流れ

流れが悪いから1個つまづくとずーっとスタックし続けると言いますか…。

物の流れはもう本当に悪くて、木材はご存知かと思いますがウッドショックなんて言って未だに悪いです。それでも最も悪い時期は抜けたと思いますが…。

びっくりしたのが照明器具関係でダクトレールってあるじゃないですか

こういうやつ

これのクロスジョイントっていう3,000~4000円くらいのパーツがあるんですが、それがメーカー欠品で納期未定です。って言われたんです。

え・・?って言葉を失いました。

他の照明器具も無くて品番が変わったとかで旧品番では受付出来ませんとか言われてじゃあ、新品番教えてくれって言って新品番で頼んだらまだ発売前ですって言われてみたり…。

もうめちゃくちゃです。なんでもアリのご時世になっていました。

某社の某パーツをゴールデンウィーク明け、確か5/9とか8日とかそのへんだったと思うのですが発注して、某社から先に入金もらったところから納期確定させますって言うからすぐ払って納期回答待ってたんですが、待てど暮らせど返事無くてやっと来たかと思ったら7月16日。今まで中2日で来たものが2ヶ月掛かるの!?

そうやって終わるはずの工事が終わらない。やらなきゃいけない工事が始まってしまう。結果、工事が重なってしまう。

人の流れも悪くて、行っても物が無いと工事が出来ないから違う工事をするって話になるので違う工事を始めちゃうとそっちがある程度にならないと戻ってこれないとか

道具の移動が大変なんです。。。

あ、ここ切るのにマルチいるなーって思って車に行ってマルチ探すと、あ!あの現場においてきちゃった…柿崎と新井じゃん…。行って帰ってなんだかんだ2時間近くロスしたり…

それでも日々、一生懸命やれば工事というのは必ず終わるんですね。やれば終わるんです。

やっと目処ついてきて、1件1件確実に完了してきています。

みなさん、大幅に遅れてしまったり中には住みながらリフォームで人の出入りが不透明でご迷惑をかけたお客様もいらっしゃいました。

バチバチに怒られるかなぁって思っていたのですが、みなさん温かく受け入れてくださって…いい人の方が多いんです。

 

さて、この辺で7月中旬~8月上旬頃にやった工事の一部を見ていただければと思います。

こういうタイルのお風呂を

ぶっ壊して給排水やり直して、土間打って

こんな感じでユニットバス組みました。

解体時に近隣の方にご迷惑を掛けてしまったのですが、謝りに行ってお話させて頂いたらすげー良い方々で、本当に感動して、「ああ、こういう人がいるのなら上越も全然悪いところじゃないな」って思って帰りの車でちょっと泣きそうになりました。

 

こちらは解体工事です。

でっかいお家でした。

敷地内に蔵や物置など5棟ありました。

これからの時代、家余りです。ほんのちょっと前まで中古住宅として売れるから資産だなんて言っていたのですが、今は良い立地・低劣化・良間取りでないと売れないですから、30万でも!20万でも!!10万!!!タダでも良いから持ってって!!って言うような建物ゴロゴロあります。

そうなるとずっと放っておくわけには行かないので必ず最後は「使う」か「壊す」かの二択になります。

そう考えると家を建てるときは「自分が死んだとき」のことまで考えないと最後は子供が苦労するかも知れません。

実際問題、その子供である方々が今、苦労されているわけですから、かも知れませんじゃないですね。苦労しますよですね。

これは新井道の駅の新しいエリアの方から妙高山方面の写真です。

今思えば、多分このときちょっと病んでたんですね。

いい景色だなぁなんて言って10分くらい空見てましたもん。

これは現地調査行ったときの糸魚川の海です。

このときもすげーきれいで本当に心が洗われました。

 

その他にも8現場くらい動いていた私の1ヶ月でした…。

大分戻ってきたので、髪も切ったし!次こそは元気な現場報告できればと思います!!

 

 

追伸

 

【リノベーション】築52年の田舎民家がヘアサロン付き住宅に大変身(ビフォーアフターあり) – YouTube

 

動画第二弾公開されております。

お時間あればご視聴ください。

何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

ここ最近のご報告

ここ最近のご報告

みなさん、こんにちは。

また6月もブログ更新が1回でした…。大変申し訳ございませんorz

もう私も38歳になりまして40しじゅーの足音が聞こえてきました。日に日に衰えを感じてきて、寝て起きて疲労が抜けていません。。。

こうやって年取っていくんだなぁって思って色々思い返すとだんだん自分の父親に似てきたなぁって感じます。。。

私が10代、中学生くらいのときですかね。私は週刊少年マガジン派だったんです。当然週刊少年ジャンプも読んでいました。当時のジャンプと言ったらドラゴンボール・スラムダンク・幽遊白書・ろくでなしBLUES・電影少女すげー面白かったんですが、ジャンプは人が買ったやつを読ませてもらっていました。

なぜ、マガジン派かというとグラビアが載ってるんです!!やっぱちょっと年上のキレイなおねえさん(当時の自分からの目線)って良いじゃないですか。

今38なので38のちょっと年上のおねえさんって言うとちょっとあれじゃないですか…。難しいじゃないですか、表現が。今の時代ほんと怖いのであんまり下手なことは言えませんが。

当時、10代ならではの思い出ですよ。ね。

当時のグラビアと言えばなんと言っても広末涼子さんですね。私、大好きでRとHっていう写真集買いましたね。買ったのはそれだけであとにも先にもアイドルだの女優だので良いなぁって思った人いないですね、そう言われてみれば。歳と共に、冷めていったのか擦れていったのか偶像だの虚像だのに感情を持たなくなっていきましたね。

ある日、うちの親父が俺が見てたマガジンを見て

「また広末出てんのか」

って言ったんです。

でもその時のグラビアは遠藤久美子さんだったんです。

私は内心「これはエンクミだわ、バカか、目腐ってんじゃね-か」って思ったんですけど、そういうのもめんどくさくて

「これ違うよ」

とだけ言ったんです。

先日、子供たちにお土産と思ってコンビニでグミとかお菓子を買って帰ったんです。

で、晴也に

「ほれ、なんでらよくわからん女の子が載ってるフィッツだぞー」って渡したんです。

そしたら「これ、NIZIUだよ」って言ったんです。

 

あ…もう、俺も若い子の顔、認識できなくなってるんだ…って思いました。。。

確かにもうNIZIUだのTWICEだのなんかと坂だのなんとか48だのは全く見分けつきません><

そこにさらにYoutuberを混ぜられるともーマジ無理!!

「この子とこの子は同じ子じゃないの?」って灯里に聞いたら

「は?ちげーし」

って切り捨てられました。

こうやって識別能力が衰えていくんだなぁって思いました。

そんなことを考えていたら、今の政治なんて絶対良い訳ないですよね。

だって菅さん72歳、麻生さんなんて80!?え!?二階さん82!??

もう無理だって止めようよ!死んじゃうって!余生を楽しく生きようよ!

これ、我々世代がダメだよね。

こんなさ、一般企業だったら定年して家で盆栽いじったり畑いじったり釣りしたり孫と戯れたりしてる歳ですよ。

そんな人らを国家の最前線で働かせちゃダメだって。

38歳の俺だって日中バッキバキに現場で働けば夜なんて8時っちゃ眠くなりますもん。

いつなんとき、何が起こるかわからないのに国家の長がパジャマで国家放送ってわけにいかんじゃないですか。

すごい緊張感の中、日々過ごされているんだと思うんです。72とか80とかのおじいちゃんがですよ?

日本の社長の平均年齢がいろんなデータがあるのですが、上場企業で58.7歳って言うのがあるので、政治家も定年制を設けて内閣の平均年齢もある程度60歳前後にされたほうがよろしいかと思うんですけどね。若きゃ良いかって問題もありますが、おじいちゃんはちょっと見てて辛いのでできれば休んで頂きたいなと思っています。

ちなみに私は政治も宗教もギャンブルも車も遊びもしませんのでね。仕事しかしてないので私の人生なんてあと30回くらい会社で決算できれば御の字でしょう。

 

さて、どうでもいい余談はこれくらいにしてブログ更新していなかった期間に何をしていたかちょっとご紹介します。

中には見せれないものもあるのでその辺りが文だけになります。

 

これは工場の耐震補強工事の際に撤去した腰壁復旧工事の一幕です。

水平トラスのブレスっていうんですかね、なんでら正確にはわかりませんがそれを設置してあるので型枠が組みにくくて組みにくくて。。。

そんで元の腰壁もめっちゃうねうねしてるからどうしても隙間できるし通りも通ってないし、こんなんなるようにしかならないだろって思ってるんですが、なかなか工場と言うところは治外法権的なところがありますからなかなか、なかなかです。

セメントで100袋超、砂300袋超

ほんとは生コン屋さんからミキサー車で取れれば良いんでしょうがバケツで入れるしかないので時間が掛かる為現場練りにしました。1日の作業量的にポンプ車を用意するまででもない内容なので人力でやりました。なんだかんだ人力でもやれるんすよ。

 

これはゴミ出しです。

今年はゴミの依頼が多いです…

私も片付けが苦手なのですが、そういう話ではないです。

苦手とか得意とか、性格の問題とか幼少期の育て方の問題とかじゃないです。

はっきり言えば「病気」です。しかも「心の」です。

6月半ば過ぎから今の今でもずっとゴミ関連のお仕事の依頼がとどまることを知りません。

確かに生きにくい世の中です。日々の生活の中で心が折れたり病んだりすることはあると思います。

お金掛かったとしても人を頼って改善したほうが良いと思います。

お笑い芸人のもう中学生さんってご存知ですか??

彼がこの間テレビで話をしていたのですが

「芸人を辞めて実家に帰ろうと部屋を片付けをしていて窓を空けたらすーっといい風が入って来てそこからお仕事が増えた」

って言ってました。

人生うまく行ってないなぁ、生きにくいなぁなんて思っている方、お家の中のゴミ、捨てませんか??

 

こちらのお家はほんと見せれません。

多くも語れません。

でもこうやってお金掛けてきれいにしようと思いたったのは素晴らしいことだと思います。

きっときれいになったあかつきにはいい風が吹いてくるのだと思います。

 

みてこれ。たけのこコレクション

たけのこ狩りが趣味なんですね。食べるのは好きじゃないんですね、これね。

大体どれも平成初期。平成2年が多かったかなぁ。一番古いもので昭和55年。私が昭和58年生まれなので3年先輩ですね。

こちらは超ビンテージVSOP

勉強になったのはお酒はオレンジ色になるようです。

いいちこもオレンジ色

よくわかんないでかいペットボトルの焼酎もオレンジ色になっていました。

こちらは2tユニックにひたすら載せました。

結構重たいものも載せたのですがこれで650kgでした。

ゴミ代はキロいくらなのであとはどんな車両を使うのか、何人で行くのか、廃棄業者までどれくらいの距離かなどで金額変わりますがゴミばっかりはお金に替えてられないです。

日々コツコツゴミ出しするしか方法はないです。どうにもならなくなってからコツコツやろうなんてことは無理です。

日常が忙しくてゴミにまで気が回らないなんてよくある話です。

今日が何曜日かわからなくなることだってよくあります。

それくらいみんな忙しいし、追い込まれているんです。

決してこの方々が異常であるとか、ずさんであるとかそういうことではないです。

知らず識らずのうちに追い込まれて孤立化してどうにもならなくなって最後にパンクするんです。

私は商売柄いろんなお客様のプライバシーに深く関わって行くのでそのことをよく知っています。

私の感覚的にこういうお家は5軒に1軒あるように感じます。

まず忌み嫌うのではなく寄り添う、話を聞くところから始めてきれいにしていい風入れてあげられればなぁと思っております。

 

 

最後にうちの芽依がベッドベッドうるさいのでネットで買って組み立ててやりました。マジ時間ないので30分で組みました。

こんなもん、道具だけはプロっぽいのいっぱい持ってるので搬入さえ終われば組むのなんて10分15分です。

ネットで買ったからやっぱ華奢な作りなんですが、こんなもん補強なんていくらでもできるのでなんとでもなります。

通常6万くらいするらしいのですが、その日だけのセールで3万ちょっとくらいになってて激安!と思って買いました。

 

人んちの家の片付けじゃなくて自分ちの片付けしなくちゃ…orzガクッ

S様邸 リフォーム工事 完成 他

S様邸 リフォーム工事 完成 他

みなさん、こんばんは。HOUSE DOCTORの長嶺です。

5月、終わってしまいました。。。月2回のブログ更新を目指していたのですが結局できずに終わってしまいました。

楽しみにしていただいている一部のコアな方々、大変申し訳ございませんm(_ _)m

決して!決してサボっていたわけではございません!!まじ今年、異常なんです。

毎年!例年!我社は4月5月6月は暇なんです。

年間スケジュールを言うと、大体、4月はアパートの入退去のクリーニングやら修繕やらをちょこちょこあって、なんとか従業員の給料と業者さんの支払いして、なんとかなったねーなんて言って。

5月なんてマジ暇すぎて、なにしようなんて言って土木でもやるかなんつって土木の手伝いに行ったり工場の中の修繕入ったり。

6月頃からやっとお問い合わせが来たりして打ち合わせして決まる工事に決まらない工事があったりして7月くらいから年明けて3月までノンストップで忙しくなるって言うのが我社の毎年の流れでした。

冬の方が忙しいんです。他社さんと3ヶ月くらいズレてるんです。みなさん雪解けよーいドン!で忙しくなると思うのですが我社は4、5、6月とそこまででも無いんです。

それが今年に限っては年明けの大雪からずーっと忙しいんです。こんなはずじゃないんです。もっとお客様の対応できるのですが、私自身も毎日朝7時ころには家を出てどんなに早く帰って来れられても夜7時過ぎ。夜9時超えることなんてザラで、体力が限界を超えるとまじで家の玄関で寝るようになりますから。

床が冷たくて気持ちいいなぁなんて言いながら横になったら最後です。意識が途絶えるまでに時を要しません。朝日と共に目が覚めて、一日が始まれば夜になるまでひたすら働くだけです。

そんな生活を3月くらいからずっとしているもので、お客様の見積もりも遅れていますし、着工準備が間に合っておりません。

そうなると結局、現場を夜7時くらいまでやってから着工の準備をするので家につくのが、よく言う「てっぺん」 0時超えになることも普通にあります。

最近、調べたんですよ。過労死ラインという言葉を。そうしたら厚生労働省が定める過労死ラインて月80時間を超える残業らしいです。

ぱっと数えると私は月100時間は超える残業相当時間働いているんです。でも、私は自営業者。会社役員。つまり私は労働者じゃないんですよ!!

だから長嶺は何時間働こうが何しようが自己責任なんです!従業員は働かせたらダメなんです。そういう決まりなんですよ。

日本の法律は私みたいな弱者に厳しいですね。。。

と、言っても私は仕事が好きで逆に家にいてもすることもないし、趣味もないし、友達もいないし、仕事してるのが楽しいので苦にならないので気にしてないのですが。

それにナチュラルハイになって来ますしね。外気温が35℃を超えるような炎天下の生コン打設とか、しびれるような難しい型枠組とか一定を超えてくるとだんだん楽しくなってきて頭おかしくなってくるのか笑いがこみ上げてきてくっそくだらないことで腹抱えて笑えたりするので、こんなキツくて楽しい経験できるなんて俺は幸せ者だなぁと思っております。

 

さて、本日は5月末にお引渡ししましたS様邸を振り返りたいと思います。

 

 

 

着工前はこんな感じでした。

まぁ、よくある古いお家です。

築何年だったかなぁ。。。40年は超えてたと思います。

まずはぶっ壊しです。

ある程度ぶっ壊してスカスカにします。

そうすると

私はこれを雨漏だと思っていたんです。

盛大に漏れてるなぁなんて言って。不動産屋さんが屋根葺き替えてるから雨漏れはもう直っています。って言うからじゃあ、いっかなんてい言ってたら

ハクビシンの厠でしたね。。。お見せできなくらい大量にありました。

今は完全に取り除いて部材も変えてきれいにしてあります。

断熱材入れたり、床の水平直したり、家起こし建て入れ直しとかして柱の垂直も直したりもしました。床の水平は直ったのですが家起こしは限界があったので6/1000ミリ以下になるのを目標にしました。

間仕切り壁起こしたり補強金物取り付けたりなんやかんやしました。過去記事読んでもらえると幸いです!

 

 

ボード貼りが終わって

 

住宅部分はこんな感じ

外観は外構もやっているのでやっぱり変わりましたね。

 

そして

 

なんと

 

このお家は

 

 

店舗併用住宅なんですねー

美容院さんです!!7月上旬開業予定です。

こちらはまた開業しましたら宣伝協力させていただきたいと思います。

まだシャンプー台やチェアの固定が終わってないのですが、とりあえず終われてよかった。。。

なんとかお引渡しができてよかったです。。。

 

それで毎回恒例の撤収

 

 

工事の始まりはそんなに道具いらないんです。材料もいらないですしね。

どんどん使う道具、材料を入れるので最後は残材の引き下げから道具の引き下げ、最後は何でもかんでもダンプにぶちこんで夜逃げスタイルで撤収します。

これだって積んで積みっぱなしにはできません。

結局、下ろして片付けてってやらないといけないので大体撤収日はてっぺん回ることが多いです。

 

我社は、きれいなだけの写真載せるのではなく現実も見てもらおうかなと思っています。

 

6月でなんとか平常運転に戻れるように頑張りたいと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

追記

ずっと言うの忘れていました。

YOUTUBEチャンネル作ったんです。

五常建設株式会社HOUSE DOCTOR

良かったらチャンネル登録お願いいたします。

ちなみに動画はお願いして作ってもらっています。なのでいい声の主は私ではありませーん。。

やっぱ若くて頭のいい子と付き合っていかないとダメですね。

最近の若い子って頭良いですもん。もう私はおじさんなので老いては若い子に従います。

おじさんは気合と根性でがんばります!!

 

 

 

 

H様邸 リフォーム工事完成

H様邸 リフォーム工事完成

みなさん、こんばんは。HOUSE DOCTORの長嶺です。

今日は、まずはじめに日頃、私が思っていることで、特に誰かに話しをすることでもないようなようでもない長嶺個人の主観の話をちょっとしたいと思います。

単純に誰も俺の話なんて聞いてくれないので、誰かに聞いてほしいっていう話なんですけど。

①通勤時にいるダンディなおじさんの話

まず、おじさんって言うと失礼ですが語彙力が私の頭皮並にスカスカなので勘弁してください。

私は妙高市(旧新井市)に住んでいますので飛田線っていうかなんていうんですかね、家○ハセガワさんの前通って、乙吉の交差点、18号と山麓線ぶつかってるところを山麓線に乗って出社しています。現場直行の場合はその限りではありませんが。

大体7:10~7:30くらいの間に通ることが多いのですが、いっつも!本当にいっつもダンディなおじさんが子供たちの登校の誘導してるんです。

で、なにがすごいっていっつもパリっ!としたスタイルなんです。雨の日も雪の日もいっつもいます。

ほんとすげーなぁって思っててあんなに朝早くからいるのにピシっとスーツ着て、雨の日雪の日はカッパ着て、毎日、学校がある日はいます。

ああいうのは誰かに言われてやってるわけでも、報酬を得ているわけでもなく、ただただボランティアでやっているんだろうなぁと思って見ています。

もう何年だろ。その道を通りだしたのが独立してからだから4~5年はやってるんですかね?

立派な人だなぁと思って見ています。

 

②小室圭さんの話

ちょっとどーしても、小室圭さんの話がしたいんです!!訴えられたらどうしよう…。平謝りするか、居直るかするしか無いんですけど、どうしても言いたいんです!

小室圭さんの問題点ってその何百万かの借金じゃないと思うんですよ。

そんなもん、人間、30手前まで生きてれば借金の100万だの200万だの、中には数千万の借金してる人だっているでしょう。

クレジットカードでの買い物だって借金の一種ですからね。自分の身近でも数百万で買った車、いくらも乗らないうちに事故って廃車にして借金だけが残ったっていう人もいますし。借金の性質の是非はあるかも知れませんがそこは100歩譲っていいじゃないですか。にんげんだもの。

私も一介の父親です。父親の観点から言って

小室圭さんて、まだ、「何者」でもないんですよ!29歳学生?それすらも定かじゃないですけど、ちゃんと仕事をしてて、ちゃんと家族を形成していける状態じゃないんです。

自分が秋篠宮殿下だったらって想像したら、そもそも無理じゃんって思ったんですけど

ある日、誰だかよくわからない男の子が家に来て、「お義父さん、娘さんを僕にください!」って言って来て

私「あ…、ああ、そう…。おーん…、その…あれだ…、君は何をしている子なのかな??歳はいくつだね?」つって

男の子「はい!29歳、学生です!将来は国際弁護士になる予定です!」

って来てみなさいよ。「はぁぁぁ!!??」ってなりません?

だったらなってから来いよ、なって1年でも2年でも働いて、僕の年収はいくらいくらです、家族を養っていけます!娘さんを幸せにします!くらい言えばさ、俺だって「ああ、まぁ…いいけど?」って言うこって!

あの小室さんのクリっとしてキラキラした目で「29歳学生です!娘さんをください!」って言ってきて良いっていう親、どこにいると。んなもんダメに決まってんねっか!

だし、眞子さまの持参金目当てだって言われちゃうんだわ。

せめて持参金は辞退します!自力で養っていきます!くらい言えばさ、「おお…ちょっとは男らしいとこあるじゃん」って思うけど絶対に言わないもんね。そーいうとこ!もうそーいうとこがダメだと思うんだ。長嶺おじさんとしては。

小室圭さん?いや、もう圭くん?親戚のおじさん目線で言わせてもらうと今から一発逆転する方法は就職して、誰もが羨むような会社に就職してそこでも結果出して自分が稼いだ金でドカンと返済して、これでどうだ!と、なんか文句あんのかと、うにゃらうにゃらと誰それが太陽で?誰それが月で?だしなんだね!?うにゃらうにゃらとしやがって男ならビシっと!ビシッと一発、成果上げて見ないや!

 

って、ずーっと思っています。誰にも言えない。訴えられたらどうしよう…。これはエールですから。こうすればいいと思うよっていうアドバイスです。

 

③世代の話

みなさん、知っていますか?もう私(1983年生まれ)はメイン世代では無いそうです…。

私達、1980年~2000年位までに生まれた人たちをミレニアル世代

1996年~2015年くらいまでに生まれた人たちをZ世代と言うそうです。そうなると1996年から2000年くらいまでの数年間はかぶるじゃんって思ってるんですがその辺りはスルーして、もう私たちは世代じゃないんです…。

これからの世の中は、物質的な幸福から精神的な幸福へ求めるものが変わるそうです。

今まではブランドであれば売れた時代。シャネルだからグッチだからヴィトンだから、ベンツだからBMWだからレクサスだから。

これからは本質的な性能であったりデザインであったり環境配慮であったりが重視されるそうです。

今まではみんなで集まってBBQ!クラブ!ナイトプール!!パリピサイコー!ってな具合だったそうですが

これからは週に1回のZOOMで会話、離れていても同じ空みてるよ…的な。離れていても君を思っている俺、尊い…的な?もうわからん!!

38歳、先日38歳になったんです。私、おじさんだから若い子の考えることわからない!!

でも、そんなこと言ってられないので若い子たちと積極的に絡んでいって考え方を理解していかないとこれから先、生き残って行けないんだろうなぁと思っています。

「老いては子に従え」

です。

まずは画面割れている私のスマホ、SO-03J。2017年、4年前の携帯を買い替えて、PayPayとかD払いとかスマート決済にして、時代に合った生き方しないとダメなんでしょうね…。

レジの前で財布の中から小銭握りしめて出して手のひらで「あるかなー?ないかなー?」なんて数えて出してるようじゃダメってことですね。

SDGsとかも取り入れて、「このおうちは最終的には土に還ります!」とか、「脱コンクリート!基礎なしです!」とか、窓もガラスじゃなくて生分解性プラスチックとかで作って耐用年数稼げないだろうから交換が容易にできるようにして、石膏ボードは使わずにビニールクロスは使わずにとかなんか考えて変えていかないとダメなんだろうなぁ…。

今の若い子たち、家にも車にも興味ない子多いしなぁ。今までは自然素材で健康志向とかソフト面、高耐震・高断熱・高気密とかハード面を売りにしているところ多かったですけど、これからは環境配慮型住宅になるんだろうなぁ…。

 

って言うようなことを考えています。ながい独り言でした。

 

 

 

 

 

さて、本題のH様邸が完成して見学会をさせて頂きました。

それも5月2日、3日とだいぶ前の話ですが…。

思い出話も交えながら、振り返りたいと思います。

 

スタートはこんな感じでした。

比較的新しめでしたね。築20年くらいだったかなぁ??ちょっと記憶に無いですが。

で、ぶっ壊してみたら

雨漏れして腐ってるってがな、配管錆びてるってがな、筋交いはぶった切ってあるってがな

まぁまぁまぁ、すごかったです。

これやった業者、すげーなって思っていました。逆に自信もらいました。うちらまともじゃん!このしょらまだやってるんなら俺らもやれんじゃん!って思いました。

クソみたいな写真しかなくて申し訳ないのですが、腐ってた柱は交換して、錆びてた配管は全部やり直して、ぶった切られていた筋交いの場所は赤い丸のところが筋交いの場所で、それを取っ払って青い四角の範囲で3尺ごとに柱を入れてOSBを張りました。

ちゃんした写真有るはずなんだけどな

その他にも

新しく梁入れてやったらレンコン羽子板つけるだとか

元からある柱・筋かい・梁にも金物付けてあげて。

ほんと、前やった業者さん、酷くて、めちゃくちゃ建物揺れてたんでしょうね。層間変形角、許容値超えてたんじゃね?って今から考えると思うのですが、古い羽子板が折れてナット側がぶっ飛んでたりしてました。そんなことあるんですかね?だから羽子板付けたりプレート付けたり角金物付けたり新しく筋交い入れたり、柱立てたりいろいろやりました。

そしたら全然揺れなくなりました。もーバンバンだと思います。

そんなこんなして

 

こんな感じになりました。

結構、変わりましたね。

11月の下旬から工事始めたかったのですが、売り主さんの引き渡しが間に合わず12月中旬から始めて、始めた途端、雪雪雪!風風風!!で全然作業進まず、外壁もまさかの窯業系サイディングの重ね張りで外壁撤去だけでどれだけ時間が掛かったかわかりません。

年内で解体終わらず、年明け早々にもう大雪で、現場に到達できず、実質1ヶ月休工。。。

2月から作業再開したんですが、そしたらうちの職人のコバちゃんの奥さんが妊娠されていたんですが体調が良くないとのことで、コバちゃん、心配で心配で仕方なかったんだろうなぁ…。

ひどいとき半日でやった仕事が石膏ボート4枚張って終わり。一枚張って、「はぁ…。」一枚張って、「ふぅ…。」

乙女か!!恋する乙女か!!つって。「お前がここではあはあ・ひいひい・ふうふう言ったところで奥さんの状態変わらんだろうが!それともなにか、ずっと横にいて手を握って頑張れ頑張れってやれば良くなるんか!?医者じゃねーんだからお前にできることはしっかり仕事して稼いで怪我なく帰るしかねーだろうが!」って言って叱っても返事は「ふぁあい」です。「はい!」じゃ無いんです。「ふぁあい」です。

そんなこんなしてお引渡しが遅れること1ヶ月4日。あの雪さえ無ければ遅れることもなかったのですが、言い訳にならないです。

仕事は質・量・期限だとよく言います。

いくらの工事をどれくらいの精度でいつまでに完了させるかです。

あの程度の雪で遅れているようじゃまだまだです。

今現在進行中の工事もそのまま遅れを引きずっています。

現場監督・長嶺としての経験を言うと1現場の工期の遅れが他現場に波及してずっと後手後手に回ることがあります。

1日の遅れは1日じゃ無いんです。1日が2日、2日が5日、5日が10日と遅れていくんです。

私はそのことをよく知っています。

今月で整えて、所定の金額・所定の品質・所定の期日でお引渡しができるようにしていきたいと思っております。

 

何卒ひとつ、よろしくお願いいたします。